ロード中
Loading...
  • HOME
  • 太陽熱温水器のメリット

太陽熱温水器のメリット

給湯エネルギーは自給自足する

一般家庭でのエネルギー使用率割合は給湯が3割を占めています。

経済産業省の調査によると、一般家庭でのエネルギー使用率の割合としては「給湯が3割を占めている」そうです。電気料金の値上がりや、温室効果ガスの増加という問題点があるなかで今、注目されているのが、太陽光、風力、水力などの自然由来の再生可能なエネルギーです。2020年には「省エネ基準」が新築住宅で義務化となり、家庭におけるエネルギーの自産自消はさらに広がっていきます。


太陽熱温水器は、簡単に、低コストで、すぐに利用することが可能です。

一般家庭でのエネルギー使用率割合は給湯が3割を占めています。

太陽熱温水器はエネルギー
変換効率が高い

変換効率とは、太陽エネルギーをどのぐらいの割合で別のエネルギーに変換出来るかということなのですが、太陽光発電システムの変換効率は、10~20%弱程度です。つまり、降り注ぐ太陽のエネルギーが100%とすると、ソーラーパネルで電気に変換して利用できるエネルギーは10~20%弱ということです。逆にいえば、太陽光発電では、太陽エネルギーの80%以上は電気に変換されず、活用されません。

これでも非常に効率よく変換をしているのですが、これに対し太陽熱温水器の変換効率は40~60%程度を熱エネルギーにかえて利用できるといわれています。

また導入価格でみても、相場的によると太陽光発電システムの導入コストが約200万円(3kW)に対して太陽熱温水器は約25万円(4㎥・200L)と比較的低コストでの導入が可能となっているのです。

太陽熱利用と太陽光発電の
エネルギー変換効率の違い
太陽光熱温水器太陽熱ソーラー
システム
太陽光発電
エネルギー変換効率40~60%10~20%
導入コスト25万円
(4㎥、200L)
約80万円
(6㎥、300L)
約200万円
(3kW)

タンク一体型真空管式太陽熱温水器の比較 COMPARISION

わくわくそーらーは水道直圧・ヒートパイプ式で
高性能・低価格を実現!
特徴
注意点

水道直圧・ヒートパイプ式

  • 強い水圧に耐えることができ、水道に直接つなげられる。
  • 水が空気に触れないため衛生的。
  • 地上に設置することができる。
  • 定期点検や掃除が不要
  • 電気、ガス石油などの給湯器に接続可能なため、家の中の配管工事不要
  • 水道直圧でシャワーなどに勢いがある。
  • ヒートパイプの集熱では日照だけで最高200℃の熱をつくることができる。
  • 真空管の中には水が入らない仕組みなため、仮にガラス製の真空管が破損しても水漏れの心配はない
  • ヒートパイプ式は価格が高い傾向にある。(価格相場40万~60万程度)
  • 日照時間が長い時期には沸騰することがある。
  • 温度が高くなるため出湯の配管は耐熱性を使用。
  • 長期間お湯を使わなかったり、使用量が少ない場合には沸騰することがある。

汲み置き・自然循環・落下式

  • 給水はタンク内にボールタップがついていて、満水になると止まる汲み置き式。
  • 落下の水圧になるので、必ず屋根上など高いところに設置する必要がある。
  • 浴槽などに直接お湯を入れることになるため、屋内専用の配管を使う。
  • 真空管の中に水が入っていて、温められるとタンク内の水が入れ替わる自然循環
  • 中国やヨーロッパでは最も一般的な普及タイプです。
  • 水が大気にさらされるので鳥糞、苔、黄砂などに注意が必要。
  • 定期的な清掃が必要
  • 高低差の水圧のため、シャワーなどの水圧は弱い
  • 真空管が破損した場合は、水が漏れる

余熱・コイル熱交換・水道直圧式

  • タンク内に余熱用の水を温めておき、内部のコイルに水を通して熱交換するタイプ。
  • 水が外気に触れないので衛生的
  • 地上に設置することができる。
  • 電気、ガス石油などの給湯器やエコキュートに接続可能なため、家の中の配管工事不要
  • 水道直圧でシャワーなどに勢いがある。
  • 真空管の中に余熱用の水が入っていて、温められるとタンク内の水と入れ替わる自然循環。
  • 構造がシンプルで安価だった。
  • タンク内の水は、ずっと滞留しているので、定期的に交換と清掃が必要
  • 真空管が破損した場合は、水が漏れる。
  • 原産国の中国では、熱交換力不足で生産は減少傾向。

わくわくそーらーのメリット MERIT

たくさんある太陽熱温水器の中で、わくわくそーらーは、超高性能で低価格、ご自分でも簡単に取付が可能です。

さらに、ステンレス製の太陽熱温水器は、シンプルな構造で耐久年数も長く、10年~20年ほどご利用いただけます。

1
高性能
高性能
2
低コスト
低コスト
3
DIY
DIY
4
耐久年数
耐久年数

太陽熱温水器の種類と用語解説

設置場所によるタイプの違い

日当たりやご自宅の設置可能場所などにより庭などの「地上置きタイプ」と「屋根置きタイプ」2種類からお選びいただくことができます。太陽光が長時間あたる場所を選んで下さい。

地上置きタイプ

日当たりのよい地上にスペースがあれば、地上置きタイプがおすすめです。屋根上に上る必要がないので、ご自分で簡単にDIYで設置できます。

メリット

・ご自身でも設置が簡単

・メンテナンス、点検も簡単

デメリット

・場所を取る

・日当たりが必要

屋根置きタイプ

地上にスペースがない場合は、屋根上に置くタイプがおすすめです。

メリット

・スペースを考える必要がない

・日当たりが比較的良好

デメリット

・自分で設置する場合は、高所作業にご注意ください。

給水方法によるタイプの違い

太陽熱温水器には、重力の力で給水できる「自然落下式(落下給水式)」と水道と同じ水圧で使用できる「水道直圧式(水道圧給水式)」があります。

自然落下式(落下給水式)

電気の力などに頼らず、重力によって給水できる「自然落下式(落下給水式)」は低コストで設置可能です。

メリット

・低価格な商品が多い

デメリット

・水圧が弱い

・給湯器と接続できない

水道直圧式(水道圧給水式)

水道と同じ水圧で利用できる給水方式です。

メリット

・水道と同じ水圧で使用できる。

・給湯器と接続することができるのでキッチンなどに活用することもできて、利用範囲が広くなる。

デメリット

・落下式よりも若干価格が高額になる場合が多い。

わくわくそーらーの太陽熱温水器は
全て水道直圧式です!

お湯の作り方による違い

太陽熱のみで自然にお湯を作る太陽熱温水器を「自然循環式(自然循環型)」と、熱交換によってお湯を作る「強制循環式(強制循環型)」というタイプがあります。

自然循環式(自然循環型)

太陽熱を集める集熱器と貯湯タンクが一体になっていて、集熱器部分で作られたお湯が自然と貯湯タンクの上へ集まるという仕組み。温かいお湯と冷たい水では、冷たい水が下にいくという自然の原理を活用しています。

メリット

・無動力なので低コスト

デメリット

・寒冷地では水が凍結し、トラブルの原因になる。

わくわくそーらーの太陽熱温水器は
全て自然循環式です!

強制循環式(強制循環型)

ポンプを使って不凍液などを強制的に循環させます。循環した不凍液などは蓄熱槽へ移動して、そこで水と熱交換を行います。これを繰り返してお湯を作るという仕組み。

メリット

・不凍液を使用するので、寒冷地でも利用可能。

デメリット

・自然循環型よりもかなり高額になる。

・不凍液を動かすポンプの知識や技術が必要。

集熱器による違い

太陽熱温水器には大きな違いとして、「平板式(平板型・パネル型)」と「真空管式(ヒートパイプ式)」の2種類があります。

平板式(平板型・パネル型)

古くからあるタイプで、主に黒い板状の集熱器で熱を集めて、その熱を水に吸収させることでお湯にするという仕組み。

メリット

・低コスト

デメリット

・熱が逃げやすく冷めやすい。

真空管式(ヒートパイプ式)

真空になっている二層ガラス管内のヒートパイプに熱を集めて、貯湯タンクの水や、不凍液を温めてお湯を作ります。

メリット

・外気の影響を受けないため熱が冷めにくく、翌日でも利用が可能!

・高温のお湯を作ることができる。

デメリット

・平板式より高額になる場合が多い。

わくわくそーらーの太陽熱温水器は
全て真空管式(ヒートパイプ式)です!

一体型と分離型

貯湯槽タンクと集熱部が一体化したものと、分離したタイプのものとの違いです。

一体型

集熱部分と貯湯槽部分が一体化している。

メリット

・コストが比較的安価

・地上に貯湯槽タンクを設置する必要がない。

・設置が簡単。

デメリット

・設置できる屋根に制限がある。(屋根の補強が必要な場合もある)

わくわくそーらーの家庭用太陽熱温水器は
一体型でコンパクトです!

分離型

集熱部分と貯湯槽部分が分離している。

メリット

・集熱部分と貯湯槽部が分かれているので、屋根への負担が軽い。

・プランの自由度が高い

デメリット

・設置コストが高くなる。

・メンテナンスに知識、技術が必要。

業務用太陽熱給湯システムは
分離型になります。